当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年06月27日

メールが届かないときは、迷惑メール扱いか、添付ファイルが大きすぎて容量オーバーなのかも

送っていただいたはずのメールが届かない!ということが、たまにあります。
私が出会うケースでは、多い理由は2つ。
ひとつは、受け手側のメールサーバーから迷惑メール扱いされてしまって、除外されるケースです。

必要なメールなのに迷惑メール扱いになってしまう


たとえば、インターネットプロバイダから供給されるメールでサブドメインが付くものが迷惑メール扱いになったことが、数度ありました。

例)アカウント@XXX.ocn.com (XXXの部分が「サブドメイン」です)

たまたまかもしれませんが。
他には、メーリングリストやメールマガジンなどで、一度にたくさん送信しているようなメールがあります。

対処法は、受け手側が、自分のメールサービスの迷惑メール設定で、「迷惑メールではない」メールを指定する「セーフリスト」に対象メールアドレスを登録することです。
迷惑メール設定は、各メールサービスのページでできるのが普通です。

同じようなブロックをセキュリティソフトが施していることもあるとされますが、セキュリティソフトを無効にするのはウイルス感染の危険が増して怖いので、まずはメールサービスでのセーフリスト設定を試すのが良いと思います。

添付ファイルが大きすぎるなどで送受信容量を超えている


もうひとつは、添付ファイルが大きすぎてハネられたと思われるケースです。
このパターンは、本文だけが届くこともあれば、なにも届かないこともあります。その際、送り側にも受け手側にもエラーメッセージが出ないことが多く、困りものです。
正確には、「添付ファイルが大きすぎる」のではなく「本文などを含めた送信サイズが大きすぎる」のですが、多くの場合は添付ファイルのサイズに工夫の余地があるでしょう。

では、どのくらいのサイズまでなら大丈夫なのでしょうか?
それは、メールサービス各社で異なります。そして、送信側にも受信側にも容量制限があるので、双方のうち許容する容量が小さいほうが限界点になります。

たとえば、
  • さくらインターネットメール:送受信とも200MBまで
  • ロリポップメール:送受信とも10MBまで
  • @niftyメール:送受信とも20MBまで
  • OCNメール:送信10MBまで。送信ウイルスチェックサービスを利用せずかつWEBメールを使うと100MBまで。受信100MBまで。
などです。

いずれも、許容サイズは本文・添付ファイルと、メールが流れていくときに必要になる「ヘッダー情報」を含んだサイズです。
また、全メールがたまっているメールボックスの空き容量が足りなければ、上記の最大容量は使えなくなります。受信側のメールボックスがいっぱいで受け取れないということもありますが、私が経験したときは送信側にエラーメッセージが来たので、無言で不着となる通常の容量オーバーよりは害がない感じです。

上記だと10MB制限は2社ですが、10MB制限のメールサービスは結構多いと思います。
でも、今や写真データなどは1枚で数MBになるものも増えているので、1通当たり容量はもっと大きくしてほしいものです。

ちなみに、「メーリングリスト」の送信容量は、許可されている場合でも少な目です。フリーエムエルで、5MBです。

要するに…
メールで添付ファイルを送るときはサイズに注意して、1通当たり8MB程度までにするようにしたいですね。
1ファイルが10MBを超えるようなファイルを送るときは、メールではなくファイル送信サービスを使うと良いです。
無料で使えるものに、ファイルストレージ などがあります。「ファイル送信サービス」で検索すると他にも出てきますから、使いやすいものを選ぶと良いと思います。

タグ:Eメール
posted by labohan at 10:44 | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

吉田さんの「吉」という漢字の上部が土になっている、などの異体字の変換

※2014年1月16日の記事を全面的に書き直しました。

異体字はIMEパッドから「異体字の挿入」で出せる


人名に多いんですが、「漢字がパソコンで変換しても出てこない!」ことがあります。
常用漢字でなくても変換で出てくるものもありますが、タイトルにも書いた「吉」の下のほうの横棒が長いものなど、よく使われる割に出しにくい漢字もあります。
人の名前の漢字は、気を遣うところです。ネットでは、見る人の環境が様々なので普通は通常の漢字を使うしかないですが、広く配布する紙媒体では、通常の漢字で済ませるわけにはいきません。

こうした、同じ漢字だけど違う形である漢字を「異体字」といいます。ウィンドウズパソコンを使っている方の多くが日本語変換に「MS-IME」を使っていると思いますが、MS-IMEであれば、異体字はIMEパッドで出す楽な方法があります。IMEパッドは、ウィンドウズ8だと、画面の大抵いちばん下に並んでいる中から「あ」(「A」となっていることもあります)を右クリックして、「IMEパッド」を選択して出します↓
140623.JPG

ウィンドウズVistaだと、画面のいちばん下にある、これです↓
140622b.JPG


このIMEパッドを表示して、左側のいちばん上の「手書き」モードアイコンをクリックして、手書き画面にマウスで標準の字体を書きます。目指す漢字が見つかったらマウスポインタを乗せて右クリックすると、異体字がある漢字は「異体字の挿入」で異体字候補が出てきます。それを選ぶと、異体字が入力できる、という手順です。
参考:マイクロソフトのサポートページ http://support.microsoft.com/kb/881300/ja

…というやり方を、1月16日の記事で紹介していました。しかし、ウィンドウズ8は「吉田さんの吉の上が土になっているやつ」もこれで出るんですが、たまたまVistaでやったら、「吉」は異体字候補が出ないことに気づきました。
せっかくブログを訪れてくれた方を、がっかりさせていたこともあったと思います。すみません。

でも、VistaのIMEでも「上が土の吉」自体は持っているはずと信じて、意地になって探しました。
そして、見つけました。ちょっと面倒ですが、「メイリオ」系のフォントが入っているパソコンなら、「文字一覧」から入れることができます。
ウィンドウズ7は手元にないので検証できませんが、8でのやり方かVistaでのやり方か、どちらかが使えると思います。

ウィンドウズVistaでの「上が土の吉」の出し方


まず、やはりIMEパッドを上記のとおり表示して、左側の上から2つ目の「文字一覧」アイコンをクリックして、文字一覧画面を表示します。
文字が並んでいる左側に、「文字カテゴリ」フォルダがいくつも出てきます。

その中の、「Unicode(追加漢字面)」というフォルダをクリックします。さらにその中の、「CJK統合漢字拡張B」というフォルダをクリックします。

すると、「CJK統合漢字拡張B」に格納されている漢字が、右側の一覧に表示されます。といっても、空きコードが多いので、漢字はたまーにぽつんぽつんとあるだけです。

ここで、右上のフォントを選択する欄で、「メイリオ」系のフォントを表示しておきます。(他のフォントだと、「上が土の吉」は、入力すると出るものもありますが、この文字一覧では表示されないことがあります)

そのうえで、一覧表の左側の、「U+数字」となっているコードが、U+20BB0 となっているところまでスクロールします。コードの並び順は、数字が0から9まで続き、そのあとABC・・・が続く順番です。
「U+20BB0」の行にたどり着いたら、横の7列目に「上が土のよし」がある・・・はずです。(ありました?)
これをクリックすると、開いているワードなりに入力されます。

さて、ここまで書いて気づきましたが、今説明しているのは「上が土の吉」のことなので、ここに書いておけばいいんですよね。

𠮷

私のパソコンでは「上が土の吉」が出ていますが、あなたのパソコンでは表示されているでしょうか?
最初に書いたように、表示されるかどうかはパソコン環境によりますが、表示されていたら、どうぞワードなりにコピーしてお使いください!
(ワード側で設定しているフォントによってはペーストしても出ないので、そのときはこの文字だけメイリオ系のフォントにしてみてください。MS明朝・MSゴシックは、ちょっとフォントの雰囲気が違いますが、たいていは出ると思います。)

posted by labohan at 08:40 | 原稿執筆、原稿整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

さくらインターネットのレンタルサーバーで、プラン(コース)を変更する手順と注意

さくらインターネットのレンタルサーバーで、例えばライトプランからスタンダードプランに変更するなどのプラン変更(コース変更)をする際は、「プラン変更ボタンをポチッ」みたいなわけにはいきません。現行プランを維持したまま、移行先プランを「新規申し込み」する形になります。移行先プランの初期費用も、ちゃんと要りますよ。

つまり、会員としては1会員だけれども、移行期は借りているサーバーは2つになります。そして、現行サーバーから移行先プランのサーバーに、自分でデータを移します。
サーバコントロールパネルも、移行期間中は2つを使い分けることになります。
全体に、「レンタルサーバーの引っ越し」と同様に考えるほうが、理解しやすいです。

さくらインターネットのサポートページより:
「さくらのレンタルサーバ」はプランごとに収容サーバが異なるため、プラン変更には現在対応できておりません。
ご利用中のプランを別プランへ変更するには、別のプランを新規にお申込みいただき、データ等を移行する必要がございます。

また、移行先プランの支払いは、現行プランを自動振替(引き落とし)にしている場合でも、通常の新規申し込みと同様に、クレジット払いか請求書払いか銀行振り込みしか選べません。

以下、具体的な手順をメモしておきます。

現行サーバーからウェブサイトのデータ一式をダウンロードする


まず、現行サーバーから、ウェブサイトのデータ一式をダウンロードします。現行サーバーのデータは、削除せずそのまま残しておきます。このあたりは、一般的なレンタルサーバーのお引越し手順と同じです。

移行先プランを申し込む


次に、移行先のプランを申し込みます。普通に新規申し込みするように、さくらのレンタルサーバのサイトでオンラインサインアップします。
このとき、やはり新規申し込み時と同様、初期ドメイン(●●●.sakura.ne.jp)を取ることになります。現行プランを維持したままなので、現行プランで使っている初期ドメインと同じドメインは、残念ながら当然取れません。ちょっと違うやつとかで取ってください。

さらにいうと、いずれ現行プランは契約解除して、移行先プランの新サーバーだけを残すことになるので、なじんだ現行プランの初期ドメインは、プラン変更が完了したらおさらばとなります。初期ドメインは変更できないので、プラン変更完了後に、現行プランのドメインに戻すということもできません。ちょっと寂しいですが、我慢です。(ここでいう「初期ドメイン」は、あくまでも ●●●.sakura.ne.jp というやつなので、独自ドメインは維持できます)

申し込みが完了すると、1時間以内に「仮登録完了のお知らせ」メールが来ます。
このメールは、これも通常の新規申し込み時と同様、後生大事にしてください。このメールに書かれている情報がないと、手も足も出ませんので。
「仮登録完了のお知らせ」メールが来たら、次の手順に進めます。

新サーバーにウェブサイトのデータをアップロードする


旧サーバー(ここまで「現行サーバー」と呼んでいたやつのことです)からダウンロードしておいたウェブサイトのデータ一式を、新サーバーにアップします。FTPソフトでもいいですが、面倒ならとりあえずさくらインターネットのサーバコントロールパネルのファイルマネージャーでもできます。

アップしたら、きちんと動くかチェックします。ブラウザで、新サーバーの初期ドメイン(●●●.sakura.ne.jp というやつ)を入れると、表示されます。
問題なければ、次は独自ドメインの設定です。ここが、ちょっとクセありです。

独自ドメインは、旧サーバーから削除したあとに新サーバーに設定する


通常のレンタルサーバーの引っ越しだと、旧サーバーに独自ドメインを設定したままで新サーバーにも同じ独自ドメインを設定した状態を一定期間とりますが、さくらインターネットのプラン変更の際は、新旧両サーバーに同じドメイン設定はできません
なので、まず、旧サーバーのドメインをサーバコントロールパネルで削除して、1時間待ってから新サーバーで独自ドメインを追加することになっています。
稼働中のウェブサイトのドメインを設定したサーバーが1時間とはいえ存在しなくなるわけで、気の小さい私は削除になかなか勇気が要りました。

なお、旧サーバーのドメイン削除は、上記にも書いていますがサーバコントロールパネルから行います。「会員メニュー」のドメインメニューからでもできないことはなさそうですが、間違ってドメインを削除するミスが出かねません。必ずサーバコントロールパネルからするべきです。

おっと、独自ドメインを削除する前にこれだけはやっておきたい


旧サーバーから独自ドメインを削除する前に、ドメイン詳細設定を表示して、ドメイン詳細設定の内容をメモするなりハードコピーをとるなりして、保管しておきましょう。あとで、新サーバーで同じ設定をする必要があるので。その時になって「前のを見て写そう!」と思っても、以前のは削除後なので見ることができません。

また、ドメイン管理はさくらインターネットで行っていて、メールサーバーだけ例えばGoogleAppsに移しているような場合は、必ず会員メニューのドメインのゾーン表示をコピーしておきましょう。新サーバーで、ゾーン設定をやりなおさなければなりませんので。

で、話を戻して、新サーバーに独自ドメインを設定


ドメイン削除後1時間経ってから、新サーバーのサーバコントロールパネルを開いて、新サーバーに独自ドメインを設定します。

この設定をした後、独自ドメインが新サーバーにつながるようになるまで、数時間から最長2日かかります。
この間、ウェブサイトが表示されません。(閲覧側でキャッシュがある場合は、旧サーバのものが表示されますが。)

ですので、この独自ドメインの削除・設定作業の時期を、できるだけウェブサイト閲覧が少ない日程に充てる必要があります。私の目が届く範囲で閲覧不可となったのは1時間足らずでしたが、最長2日と公表されているのですから、事前告知もしたほうがいいでしょう。

ウェブサーバーの変更については以上で終わりですが、メールサーバーも同じサーバーを使っていて、プラン変更に伴ってサーバー移転をする場合は、やはり移行期間中にメールの送受信エラーが起こる可能性大だと思います。

移転時のメールの問題は、株式会社シスアナコムさんのブログが参考になります。


それから、ちょっと前に、一般的なレンタルサーバー移転の記事も書いています。参考になるかもしれません。
→ レンタルサーバーの引っ越し(移転)の一般的な手順


最後に、本家のさくらインターネットのサポートページを紹介しておきます。本文中の引用箇所の引用元ページでもあります。本文の内容が古くなっていることもあると思いますので、必ずご確認ください:
さくらのレンタルサーバのプラン変更(移行)の手順説明ページ



posted by labohan at 22:29 | ウェブサイト(ホームページ)の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンタルサーバーの引っ越し(移転)の一般的な手順

このところレンタルサーバーの引っ越しに携わる機会があり、結構大変でしたので、手順をメモしておきます。
メールサーバーの部分は試行錯誤しながらだったので、ちょっとあやふやです…

移転先サーバーの準備


1)新サーバーの申し込み

新サーバーを申し込んで、使えるようにする。旧サーバーもそのまま保持する。


2)最新データや設定情報の保存

旧サーバーのウェブサイトのデータ一式を、手元にバックアップする。
旧サーバーに設定しているメールアカウントと、メール関係の設定情報あれこれを、メモ帳などにコピーする。


3)新サーバーにドメイン設定

新サーバーに独自ドメインを設定する。新旧の両サーバーに、同じドメインが設定されている状態。

ウェブサイト関係の移転作業


4)新サーバーにウェブサイトのデータをアップ

旧サーバーのデータはそのまま置いてある状態で、新サーバーに、同じウェブサイトのデータ一式をアップロードする。


5)新サーバーのウェブサイトをチェック

新サーバーでウェブサイトが見れるかどうか、ブラウザで表示・動作を確認する。
このときのURLは、通常のURLだと旧サーバーにつながるので、いつも通りに表示されて当然。新サーバーにつないで見るための方法は、新サーバーのサポートで通常紹介されているので、それに従って見る。

メールサーバーの移転作業


6)ローカルのメールソフトの旧サーバーのアカウントをIPアドレスに変える

ローカルのメールソフトには、旧サーバーのメールアカウントが設定されている状態である。
この旧サーバーのメールアカウントのPOP3とSMTPを、ドメインではなくIPアドレス(サーバを特定する数字列)に変える。


7)ローカルのメールソフトに新サーバーのアカウントを追加

そのうえで、新サーバーのメールアカウントを追加する。同じメールアドレスで、サーバー情報が異なる2つのアカウントができている状態。こちらは、ドメイン名で設定しても大丈夫なはず。
これで、メール受信が、新旧どちらのサーバーに届いてもローカルのメールソフトで受けとれるはず。


8)DNSサーバーの書き換え

DNSサーバー(ドメインネームサーバ)の設定を、新サーバーのものに変更する。
DNSサーバーは、ドメイン名とIPアドレスの対応表を持っていて、照らし合わせて外部からの問い合わせに答えるもの。
この時点では、ドメインに対応するIPアドレスが旧サーバーのものになっているので、それを新サーバーのIPアドレスに変えてやる必要がある。
DNSサーバーは、ドメインを管理している会社にあるので、旧サーバーでドメイン管理してもらっていてそのままドメイン管理だけ続ける場合や、ドメイン管理のみを別会社に頼んでいる場合は、その管理会社にDNSサーバーの書き換えをしてもらうことになる。


9)ドメインの行き先が、徐々に新サーバーになる

ドメイン管理会社のDNSサーバーは書き換え直後に新しい対応表で照会してくれるが、世界中のパソコンなどがそれぞれ照会しにいく、たーくさんのDNSサーバは、しばらくは古い対応表を持ったままである(キャッシュ機能)。いずれは対応表を新しくしてくれるが、その期間は2週間ほど見ておく。

以上が、一般的な手順になります。


このページを参考にさせていただきました:
レンタルサーバーサービスDerahost
ドメイン取得の手引き


posted by labohan at 22:25 | ウェブサイト(ホームページ)の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。