当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年12月25日

「障害」か「障がい」か

福祉関係の原稿で言葉の表記に迷うもののひとつに、「障害」「障がい」があります。
大阪府は何年か前に「障がい」に統一し、他の自治体や団体も同様の決定をしたところもあります。
内閣府の「障がい者制度改革推進会議」は「障がい」でしたが、その後できた「障害者総合支援法」は「障害」です。

調べていると、「障害」「障がい」と、もうひとつ「障碍」も加えて、丁寧な検討がなされた資料に当たりました。

内閣府・障がい者制度改革推進会議資料「「障害」の表記に関する検討結果について」2010年
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_26/pdf/s2.pdf#search='%E9%9A%9C%E5%AE%B3+%E9%9A%9C%E3%81%8C%E3%81%84'

この資料からも思いましたが、表現の奥にある本当に考えないといけないポイントは、おそらくは、「障害がどこにあると見るのか」ということではないかと思います。
社会で生きる上での不都合になる要素として、個人の身体や内面が有する特性自体が「障害」だと見るのか。
それとも、社会の側が、ある個人の特性にはフィットせずそのような個人が生きづらくなるような「障害」を抱えているのか。

私は障害者ではありませんが、たとえばひとりでベビーカーを押して外出していた時に階段しかないような場所は、行動に差しさわりがありました。それは別に遊びに行くとかだけではなく、食べるための買い物とか、病院とかの用事だってあるわけです。その時に「自分で歩けない乳児は、歩けないという障害があるんだから行動が制限されるんだ」という頭で見られると、ちょっと腹立ちます。「障害だなんて言わないでよ」と思うでしょう。でも、「今の社会の環境ではいろいろな障害があって、歩けない子ども連れだと行動しづらい」という見方だったら、同じ「障害」という言葉でも、「そんな障害がある社会だったら生きづらい人がいるんだから、変えていこう」という、人間重視の前向きな意味を含むのではないでしょうか。

そう考えると、「障害」か「障がい」かという表記の問題というよりも、障害を語るときに「障害がどこに属するものと考えているか」のほうが、ずっと重要な気がします。

ただ、現に当事者が「害」という漢字が使われるのが不快だという声が大きいなら、言い換えも検討されてしかるべきかもしれません。

編集という仕事をする上での個人的な結論としては、表記自体は今のところどちらでもいい、と考えます。いろいろな見方が混在している状況なので、制度・法律名などは原典に従うとしても、基本的には書き手の方針に従ったうえでの統一というので良いのではないでしょうか。


posted by labohan at 10:54 | 原稿執筆、原稿整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の禁煙カフェで仕事しやすいところ

移動途中に仕事するときは、禁煙カフェが便利ですね。
書籍や記念誌の原稿点検のような、ボリューム大で長時間の集中力が要る仕事の時も、気分転換的に行きます。好きな仕事ではあるけど、きつくもあるので事務所だとつい他のことを優先したくなるので。(弱いなあ。)
1つの仕事道具だけ持って行くと、他にすることがないので必然的にやれるのが、いい点。

メールやネットは外ではスマホで済ませる程度しかしないので、私の場合は無線LANや電源は絶対条件ではありません。
雰囲気はわりと重要で、ご近所さんや学生さんがおしゃべりしているカフェよりは、周りのお客さんも一人で仕事や勉強をしているカフェが、やっぱり没頭しやすいです。

で、仕事しやすいと思うノマド向きカフェの、覚え書きリストです。禁煙重視なので、どうしてもチェーン店中心になりますが。順次追加していこうと思います。(初回アップ14.2.21. 以後更新の都度、更新日で公開しています。更新は、主に追加なので、古い情報が残っている可能性はあります)

梅田


大阪駅近:デリカフェ JR大阪駅御堂筋口改札の正面
大阪駅にはデリカフェが何店かあるので、待ち合わせ時は紛らわしい。
ここはデリカフェの中で何となく一番好き。

大阪駅近:スターバックスグランフロント大阪店 グランフロント大阪南館6F
前に行ったときは食事系メニューは無かった。
休日の午後は座れたためしがない。
スタバ内ではないが、同じ階にあるトイレが素敵で、トイレの手前のソファコーナーが素晴らしい。

大阪駅近:タリーズコーヒーグランフロント大阪北館1F店 グランフロント大阪北館1F
図書室みたいな席が好き。もうちょっと明るいとベスト。22時まで営業。

大阪駅近:カフェLab. グランフロント大阪北館1F
電源有。独り席多し。天井高く広々、明るい。軽食もあります。
大変快適ですが、「長時間の勉強・仕事はしないでね」の張り紙有。
自粛しつつ、長く愛用させていただきたいカフェです。

*グランフロントは北館へ、の記事を@uma_blueさんが書かれています。生息域が近そうな方です。
「ここが知れ渡って席の確保が困難になるのは避けたい」と書かれていますが、苦情がくるまで紹介しておきますね。
極上の人生 http://kawairi.jp/weblog/vita/201305198451


大阪駅近:カフェラ 大丸梅田店4F
仕事歓迎ではないと思うけど、禁煙で席もゆったりです。明るくて女性向。男性もいないことはない。
1250円と1650円のカフェ夕飯があり、デザート・コーヒーも付いてお得。
量は、多すぎず女性には安心できる量。男性には足りないかもしれない。

茶屋町:タリーズコーヒー梅田茶屋町MBS店 毎日放送本社ビル1F
広い。天井が高い。近くのスタバはまず座れないことが多く、こちらのほうが席がある率高し。

西梅田:スターバックス大阪ガーデンシティ店 明治安田生命大阪ビル1F

新梅田シティ:ドトールコーヒー梅田シティ店 梅田スカイビルの地下の滝見小路内
そんなに広くないけど休日に座れる可能性大。照明が明るいのは嬉しい。

新大阪


ドトールコーヒー新大阪店 JR新大阪駅出てすぐ

スターバックス新大阪ニッセイビル店 新大阪駅2F地下鉄側のデッキからニッセイ新大阪ビル1F
広い。天井が高い。

その他大阪市内


天満橋:スターバックス谷町筋NSビル店 NSビル1F

北摂


阪急池田:スターバックス阪急池田駅店 池田駅改札を出て右手
座席配置が2人掛けタテ並びの席が、集中できる。

JR吹田:ル・クロワッサンショップ 吹田店 JR吹田東口を出てメロード吹田1F
単独メニューのサラダは、新鮮でボリューム大。メニューに載っていないかも。聞くとありました。

改札を出ないで入れる


阪急十三駅構内:フレッズ十三店 阪急十三駅2F連絡通路途中

JR鶴橋駅構内:ロッテリアJR鶴橋駅店 JR鶴橋駅ホーム内
ロッテリアのバーガーはおいしいなあ。ポテトもかなり好き。

(大阪じゃないけど)
JR京都駅構内:デリカフェ京都駅店 JR京都駅奈良線に下りる階段の上
場所的に混んでそうだが、意外にゆっくり座れることも。軽食あり。分煙だが喫煙席の煙が禁煙席に流れてくることもあるのが残念。
以前は「ココラ」という店名だったが、「デリカフェ」に変わっていた。デリカフェはJR系列なんでしょうね。デリカフェはコーヒー・軽食などすごくおいしいわけではないし、カフェ選びの楽しみもなくなるので、JR構内をデリカフェばかりが席巻しないことを祈る。


タグ:ノマド
posted by labohan at 09:53 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

パソコンで作成した2段組みの誌面をDVDにコピーしてテレビで見れるか

「A4などで作成した誌面をデジタルブックで見れるようにして、プラス、パソコンが使えない人のために、DVDにコピーしてテレビでも見られるようにできないか?」というご相談を受けました。

デジタルブックは問題ありませんが、想定しているデジタルブックはFlashで動くものですので、テレビで見るのは不可能です。
だから、2種類作るのでなければ、テレビでの投影を優先するため、誌面の画像をスライドショーにするしかないかな・・・でもそんなものって有用かな・・・と悩むと同時に、そもそも紙だからこそ精細に見られるコンテンツを、DVD化してテレビで投影するとどう見えるのかが、全く分かりません。通常のテレビ番組を思い浮かべても、小さい文字がたくさん並んだ画像は、思い浮かびません。映像系の方に教えを乞うと、「文書を読むという用途にテレビを使うのは、難しいでしょう」。(ポイント数を変えた文字を並べて、どのサイズの文字がどう見えるかのサンプルまで作って下さいました。感謝。)

それにしても一体どんな感じになるのか・・・個人的にも興味があったので、2段組みの誌面をDVDにコピーしてテレビに映す、という実験をやってみようと思いました。

テレビで見られるDVDの作成


まず、DVDプレーヤーで読み取ってテレビに映せるDVDは、どのように作るのか。
ここから映像未経験者には全く分からなったのですが、映像系の方やDVDプレス会社さんで聞いたことと、ネット検索で得た情報から推測するに、大体以下のようです。
  • DVDプレーヤーで読み取ってテレビに映すためには、「VIDEO_TS」というファイル形式が必要。(それさえあればいい、というわけでもなさそうですが)
  • そのようなファイル形式で保存されたDVDを作るには、そのようなことが可能なソフトを使ってDVDにコピーすればできる。
  • そのようなソフトとしては、Windows7・WindowsVistaなら、「WindowsDVDメーカー」というソフトが標準で付属している。(Win8の場合はフリーソフトがあるらしい)

WindowsVistaなら旧マシンに入っているので、やってみることにしました。Vistaマシン以外に用意したものは、2段組み誌面のJPG画像 と、手元にあった データ用DVD-RAM です。

久しぶりのVistaで、プログラムはどうやって開くんだったかなーと思い出しながら、あっさり「WindowsDVDメーカー」発見。(初めて開いたので初期画面が出ました)

141208.jpg


JPGを作成画面にドラッグして、案内通りに操作すると、ごく簡単な手順でできました。

JPG化した文字をDVDプレーヤーでテレビに投影するDVDに入れると、ボケる


結果。
2段組みにするような文字情報の多い誌面は、JPGデータをDVDにしてテレビで見るには堪えません。
というか、DVDにした時点で、ボケた読めない文字になりました。

JPGをそのまま開いたときの画面キャプチャ↓

141209a.JPG

*文字サイズ13級。文章は、このブログの過去記事です。紙面の真ん中を切り取っているので、文章は中途半端です。


それでDVDを作成してパソコンのDVD視聴ソフトで開いたときの画面キャプチャ↓

141209b.JPG


予想をはるかに上回ってボケたのは、WindowsDVDメーカーという付属ソフトで作ったからなのかもしれません。もしくは、JPGから作るという工程がベストでなかったか。だって、放映されているテレビ番組やCMで見る文字は、もうちょっと鮮明ですよね。なので、まず言えるのは、誌面のJPGデータをWindowsDVDメーカーでDVDプレーヤー対応のスライドショーデータにすると、今のところ実用に耐えない・・・ということまでです。

激しくボケる仕組みも説明できませんし、よりマシな方法で作ればどの程度まで実用に耐えるのかなども今後分かれば、また追記したいと思います。


参考にさせていただいたページ:
今日からはじめるWindows8.1(簡単にWindows8.1でDVD作成するその2無料ソフトでDVDに書き込み編)



posted by labohan at 11:44 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。