当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年05月29日

アドビフラッシュプレーヤーを更新(アップデート)する時の、マカフィーのオプションに注意

ネットにつながっているときに、アドビフラッシュプレーヤーというプログラムの更新のおすすめが、表示されることがあります。

アドビフラッシュプレーヤーは、ウェブサイトを見る時に必要だったり、この間は電子ブック風の仕様でもお世話になったプログラムです。
使用頻度は高いので、更新はもちろんするのですが、そのときに、マカフィーのセキュリティ関係のプログラムをおまけでインストールしたがってくるので注意が必要です。

「更新する」をクリックすると、アドビのサイトにつながって、下の画面が表示されます。

150529.jpg


この画面の真ん中に「オプションのプログラム」というのがあって、「マカフィセキュリティスキャン・・・をインストールする」というところのチェックボックスに、最初からチェックが入っています。

「使用中のセキュリティソフトやパソコンの設定は変更されない」ことが書いてあり、それはそうなんでしょう。でもマカフィ自体は動作しますので、マカフィが何か表示したり、問うてきたりということがあるはずです。その対応が面倒なので、私は画面の赤で囲んだところのチェックをはずしています。
セキュリティソフトは複数入れない方がいい、ということもあります。十分なセキュリティがなされていないなど、パソコンやネットワーク環境によほど不安があるようなケース以外は、このインストールは必要ないと思います。

あまり読まずに「アップデート」をクリックすると、マカフィーのプログラムがインストールされてしまうので、ご注意を。



posted by labohan at 09:57 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

ワードやエクセル上で扱われるEMZファイルを開くには

写真やイラストは、オリジナルのファイルを入稿していただくようお願いしていますが、それでもワードファイルに貼り付けたものが入稿されることは、よくあります。
そのままではレイアウトできないので、一旦ワードで開いて、htmlファイルで再保存し、生成された画像フォルダから必要な画像を拾い出すというやり方を、私はしています。

(ワード2007以降のdocxファイルは、写真データを軽量化していることがあるのでどうやっても高解像度の写真データが取り出せないという問題はあるのですが……それはまた別の機会に。)

今回、そうやってワードファイルから展開した画像ファイルが、EMZというファイルになっていました。


EMZファイルを直接開くソフトは無さそうです


EMZファイルは画像ファイルの一種で、ワードやエクセルなどマイクロソフトオフィス系のソフトで挿入できる画像形式です。
EMZファイルを直接画像ファイルとして開くソフトは、私は見つけることができませんでした。

それでEMZファイルについて調べていると、マイクロソフト系の「拡張メタファイル」であるという説明がありました。
そこで、拡張メタファイルをマイクロソフトのサポートページで調べると、拡張メタファイルは「EMFファイル」として説明されています。

このEMFファイルは、ベクター情報とビットマップ情報の両方を含めることができるファイル形式だそうです。ベクター情報とビットマップ情報は、知らない人には取っ付きにくいと思いますが、とりあえずいろいろな画像を扱える形式ですよ、くらいに捉えておいてください。

そして、EMFファイルについてさらに調べると、EMZファイルはEMFファイルを圧縮したファイルだということが分かりました。確かに、それっぽい名前ですよね。


それらの情報から、EMZファイルについて推測すると


ワードやエクセルで画像を「形式を選択して貼り付け」る際に、「拡張メタファイル」という選択肢があります。これを選ぶと、おそらくEMFファイル形式で、ワードやエクセルが画像データを内包することになっているんでしょう。
その際、ワードやエクセルのファイルをできるだけ軽量化するために、EMFファイルを圧縮してお持たせすることにしたのが、EMZファイルなんだと思われます。多分。


EMZファイルを圧縮前のEMFファイルにすれば、DTPで扱える


さて、話を戻して、そのようなEMZファイルがワードから出てきたわけですが、そのままではDTPで使えません。

上記のとおり、EMZファイルはEMFファイルを圧縮したもののようですので、EMZファイルを「解凍」(展開)してみようと考えました。

まず、ダイレクトに「emz」拡張子を「zip」に書きかえましたが、zipでは解凍できませんでした。
別の解凍ソフトでうまくいったという記事も見つけましたが、インストールが面倒だったので、次の試みとして、ワードファイルを直接解凍してみることにしました。
ワードファイルは、ワード2007以降のdocxファイルであれば、圧縮形式でファイルが構成されているらしいので。

元のワードファイルは、ワード2007より前の「doc」ファイルだったので、まず、「docx」ファイルに保存しなおしました。

次に、拡張子「docx」を、「zip」に書きかえます。

これを解凍すると、良かった、ちゃんと展開できました。

150522.JPG


この中の、wordフォルダを開きます。
さらにその中の、mediaフォルダを開きます。

すると、結構大きなサイズで、EMFファイルができています。

EMFファイルは、フォトショップでは扱えませんが、イラストレーターでは開くことができます。
なので、写真の場合は、イラストレーターで一旦開いて、aiファイルに保存して、それをフォトショップで開くというやり方で、まあまあの品質のデータで扱うことが可能になりました。

うーん、面倒だなあ。
やっぱり、最初からjpgデータをいただきたいものですねえ。


posted by labohan at 10:46 | 写真、イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

自社サイトをリニューアルしてスマホ対応しました

自社サイト(http://labohan.com)を、やっとリニューアルしました。

リニューアル前のは現在の事務所を開設するより前に作ったもので、デザインも作り方も古いし、コンテンツも青くて恥ずいなあ〜とかねがね思っていました。
あと、グーグルから、重大なモバイルユーザビリティ上の問題を指摘されていたこともあります。スマホやタブレットで検索した時の順位が下がっても、まあ見づらいんだからしょうがないわな…とも思いますが、スマホなどの閲覧も実際増えていましたので、早く対応する必要を感じていました。

スマホ対応サイトにするには、スマホ用サイトを別に作るか、ひとつのサイトだがスマホで見るとスマホに適したレイアウトになるレスポンシブデザインで作るか、大別するとどちらかになります。
(その細別版でもありますが、ワードプレスで作るとか、ホームページビルダーでスマホサイト吐き出し可能なタイプのテンプレートを使う、などもあります。)

レスポンシブデザインは、スマホで見るときでも、パソコン用データも全部読み込むため、スマホでは重くなりやすい点や、デザイン上の制限がある点などがデメリットです。コンテンツも、パソコンでは程よい量に思えてもスマホでは多すぎたり、画像も使い分けない場合はスマホでも見やすいかどうかを考える必要があったりなど、面倒な点があります。
一方、更新するのは一つのサイトだけで済むのがメリットです。グーグルが推奨している、ということも、今のところメリットといえるでしょう。

これらの点から、当社のウェブサイトのような(残念ながら)ごく軽くてシンプルなものなら問題ないと判断しました。

「軽くする」ことをかなり重視しましたので、ソースのサイズも以前より減ったぐらいです。スマホ向け、タブレット向け、パソコン向けにレイアウトを書き分ける面倒さはありますが、小規模サイトなら、これで十分だなと思っています。

リニューアルすると、サイトが可愛くなるというか、大事に育てていこうという気持ちが改めて生まれますね。ダイエットに成功しておしゃれしたくなる、のとも似ているかもしれません。^^;

posted by labohan at 08:24 | ウェブサイト(ホームページ)の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神社で発行されている情報紙

休日、京都の下鴨神社に出かけました。
木々の写真を撮りたかったので、神社よりも糺の森のほうが目当てだったのですが、好天のおかげで神社でもきれいな写真がたくさん撮れました。

150510a.jpg


昼食を食べに入ったカフェで、下鴨神社発行の情報紙「みかげ」を発見。裏の最後のところには「社報」と書いてあるので、神社の定期発行誌は「社報」というみたいですね。無料配布物のようだったので、1部いただきました。

150510b.jpg


特集は、式年遷宮。神事や祭事についての記事満載で、知らないことがいっぱい。基本は関係者向けの発行物のようですが、近隣のお店の広告や記事もあり、観光客にも面白い内容だと思います。


タグ:社報
posted by labohan at 00:00 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。