当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2013年10月12日

ロリポップに設置しているサイトの一部に、アクセス制限をかける

テストサイトをアップして見てもらう際などに、誰でも見れてしまうと困るので、IDとパスワードを入れないと見られないようにする方法の覚え書きです。
サーバーは、ロリポップです。

ロリポップの場合、ユーザー専用ページの「WEBツール」−「アクセス制限」の一番下の「新規作成」ボタンから入ってウェブ上で設定していけるのですが、既存の設定が上書きされたりするので、自分で必要なファイルを作ってアップする方法です。

これもロリポップのサポートページに説明があります。基本的には、この通りにやればできます。
http://lolipop.jp/manual/hp/htaccess-02/

覚え書き的に私の手順をメモすると。

1.htaccessファイルの中身をつくる


「メモ帳」に、上記ページの「.htaccessファイル作成」の中身をコピー。
「ユーザー専用ページ」にログインして、「アカウント情報」の「フルパス」を該当箇所にコピー。後ろにディレクトリ名を付ける。
「ウィンドウに表示される文字列」を、半角英数で入れる。(日本語だと、多分文字コードの関係で、文字化けすることがあります。動作には問題ありませんが、見た目がちょっとなので。)

ここに入れた文字列は、IE9だと
(入れた文字列) のサーバー (ドメイン名) にはユーザー名とパスワードが必要です。

GoogleChromeだと
(URL) サーバーでは、ユーザー名とパスワードが必要です。サーバーからのメッセージ: (入れた文字列)

Firefox だと
(URL) の” (入れた文字列) ”に対するユーザ名とパスワードを入力してください

Safari だと
このページを見るには、(ドメイン名) 上の領域” (入れた文字列) ” にログインが必要です。

という表示になります。
なので、テストサイトであれば、サイトを表すような言葉にtestを付けるとかが無難かなと思います。

できたテキストファイルを、htaccess.txt というファイル名で保存。(このファイル名でなくても、どうせ後で変えるので別に構いません。)


2.htpasswdファイルの中身をつくる


ロリポップのユーザー専用ページに戻り、「WEBツール」−「アクセス制限」の文章の下、「htpasswdファイル用パスワード生成ツールはこちら」をクリックして、設定したいアカウント名とパスワードを半角英数で入れる。
「作成」すると、アカウント名と暗号化されたパスワードの1セットを作ってくれる。それをコピーして、新規のメモ帳にコピーする。

複数のアカウントを作る時は、再びロリポップで作って、メモ帳の次の行にコピーする。(アカウント名とパスワードの後ろに、きちんと改行を入れる)

htpasswd.txt というファイル名で保存。(このファイル名でなくてもよい)


3.サーバーにアップして、ファイル名とパーミッションを変える


サーバーへのFTPは何を使ってもいいけど、一応ロリポップFTPを使うとすると、ユーザー専用ページの「WEBツール」「ロリポップ!FTP」で、今つくった htaccess.txt と htpasswd.txt を、アクセス制限をかけるディレクトリにアップする。

アルファベット順の h のところに2ファイルがある。
htaccess.txt をクリックして、
ファイル名 .htaccess  属性(=パーミッション)  604

に変更して、一番下の「保存する」ボタンで保存。

htpasswd.txt をクリックして、
ファイル名 .htpasswd  属性(=パーミッション)  604

に変更して、一番下の「保存する」ボタンで保存。


4.チェック、完了


ブラウザでテストして、正しく認証画面が出て、アカウント・パスワード入力で入れたら、成功。
認証テストをやり直す時は、ブラウザがパスワードを記憶していることがあるので、その場合はブラウザの履歴削除を行う。
うまくいったら、ロリポップからログアウトして、終了。

posted by labohan at 18:09 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。