当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2013年11月14日

周年記念誌や冊子の編集委員会の開催

さて、無事に編集委員会を立ち上げることができたら、実際に編集委員会を開催しなければなりません。
第1回の編集委員会はできるだけ全員が参加できるよう、日程調整をして開催日を決めるのが望ましいです。

第1回の内容は、例えばこんな感じです。
  • 主催者あいさつ
  • 編集委員の自己紹介
  • 発行理由やねらい、スケジュールや大体の中身、進め方、体制、予算などの概要説明
  • 編集委員の役割の確認
  • 中身や概要について意見交換
  • 次回の日程と議題


配布するものの例:
  • 編集委員の名簿(個人情報を載せる場合は事前に掲載許可を得る)
  • 概要をまとめた資料
    中身の意見交換がしやすいようなもの。例えば、類似の出版物とか、周年記念誌なら年次報告的なものとか。


委員会で話し合った内容は、少なくとも最初の頃は、議事録として残して配布するのがいいでしょう。
企画を詰めていく会議になっていけば、発行概要と中身をまとめた出版企画書をバージョンアップさせていくような記録の残し方でも、場合によっては良いと思います。

編集委員会のもっとも重要な役割が「企画」であることは周年記念誌や冊子を作るために編集委員会を立ち上げるで説明したとおりですが、それ以外にどんな役割を持つのかは、編集委員会により様々です。

例えば、2、3回の編集委員会で企画の決定までしたらあとは完成後の打ち上げだけ、というようなケースもあります。
一方、執筆依頼や原稿回収を手分けして行っているような編集委員会なら、少なくとも原稿が揃って内容のチェックを終える頃までは何度も集まらなければならないかもしれません。
または、原稿が整って誌面になったあとの校正も編集委員会が行う場合は、かなり発行間際まで委員として関わらなければならないでしょう。

2、3回だけでほぼ終わる編集委員会の場合も、周年記念誌や冊子を発行するまでは、通常解散はせず存続します。めでたく発行に至ったら、打ち上げがあればその場で、打ち上げをしない場合は送付して、完成物を編集委員に配布します。

最初の編集委員会から発行まで、半年から1年くらいはかかるのが普通です。
編集委員に限ったことではありませんが、発行できたことにホッとしてお世話になった人のことを忘れてしまい、「いつの間に出たんだ?」などと言われることのないようにしましょう。


posted by labohan at 22:35 | 周年記念誌の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。