当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年03月30日

周年記念誌のタイプ(歴史を残すか、コミュニケーションか)

周年記念誌の目的や内容は、大きく分けて、今2つのタイプがあるように思います。
ひとつは、団体や会社がここまで歩んでこられた歴史を正確に残し、後世に伝えようとする記念誌。
もうひとつは、団体や会社が現在に至ったことを感謝して、お世話になった方々に謝意を伝え、求心力を高める役割も果たすような記念誌、です。
前者を「歴史を残す記念誌」、後者を「コミュニケーション重視の記念誌」といえばいいでしょうか。
もちろん、ほとんどの記念誌はどちらの要素も持っているので、程度の差ではあります。


コミュニケーション重視の記念誌


コミュニケーション重視の記念誌」は、たくさんの人に登場していただき、いろいろな場面の写真を多用し、デザインも工夫してビジュアルに訴え判りやすい誌面が重視されます。簡単にいうと、パラパラ見て楽しい、判りやすい、という感じでしょうか。
実際、多くの人に見ていただき、喜んでもらいやすいのが、こちらのタイプの記念誌です。また近年、紙媒体のデザイン処理や画像処理がどんどん容易になっていて、見た目にアピールしやすい誌面は飛躍的に作りやすくなっています。そうした技術面の背景もあって、コミュニケーション重視の記念誌が増えている気がします。


歴史を残す記念誌


一方、「歴史を残す記念誌」は、昔ながらの地道で膨大な作業が必須です。
古い資料を紐解き、読み込み、整理する。不明点や矛盾点を、いろいろな方法で調べなおす。そんな作業に、時間をかけてまじめに取り組んで初めて、後世に残すに値する記録が完成します。

特に中小規模の団体や会社にとっては、現実にそれだけの手間を記念誌にかけにくいかもしれません。
コミュニケーション重視の記念誌がラクに簡単にできるとは言いませんが、歴史を残すための作業は、コミュニケーション重視の誌面作りの作業と比べると、デジタル技術の進化の恩恵を受けにくい作業でもあります。資料整理も原稿作成も、結局人の手を煩わせる面が大きいのです。

それでも、まさにその作業に当たってインターネットで調査をするときに強く思うのですが、ネット上にあふれる情報の多くは「コミュニケーションのための」情報です。「過去の事象を正しく残す」ような情報は、いざ探すとなると、なかなか行き当たりません。
日本史や世界史レベルの話ではなく、ひとつの団体や会社の歴史を残すことがそれほど必要かと言われたらそれまでなんですが、どうもコミュニケーションのための情報と比べて、過去を記録するための情報というものに、手をかけない傾向が強まっている気がします。
「過去の記録」というのは、地味だしすぐ役立つと思われにくいんですが、意識しなければ散逸するばかりです。

最近関わらせていただいた周年記念誌が、まさに「歴史を残す」ことに正面から取り組まれた記念誌でした。
そんなことから、歴史を残すことの大変さと大切さを、あらためて思いました。


タグ:年史 社史
posted by labohan at 18:38 | 周年記念誌の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。