当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年04月03日

ワード2013で、スペースを自動的に1字下げに変更するのを解除

文字原稿の入稿はほとんどワードですし、執筆や原稿リライトをする時も、私はほぼワードを使っています。
そういう場合は、ワードで誌面を完成させるのではなく、ワードのデータをまた次のレイアウトソフトに移すことになります。
私の場合は、このような「レイアウトソフトで使うためのワードファイル」は、できるだけワードの自動機能を使わないデータにしています。

ですので、段落の最初の1字下げは、きちんと「スペース」というデータが入っているようにします。でも、ワード2013の初期設定では、段落の最初にスペースキーを押すと、「スペース」のデータが入るのではなくて、レイアウト機能で見た目だけ1文字下がります。

これがうっとおしいので、解除。方法は、以下の通りです。

  1. 左端の「ファイル」タブをクリック。
  2. 一番下の「オプション」−「文章校正」の右側、「オートコレクトのオプション」ボタンをクリック。
  3. 「入力オートフォーマット」の2か所、「オートフォーマット」の1か所のチェックをはずす。

140403a.JPG

140403b.JPG


これで、段落の最初にスペースを入れても、自動1字下げにならなくなりました!



タグ:WORD
posted by labohan at 11:34 | 編集制作に使うソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。