当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年04月21日

インデザインでテキスト自動流し込み

インデザインで書籍などを作る場合に、長文のテキストを同じスタイルで自動的に流し込む方法。
他にもいろいろやり方がありますが、私の場合です。

環境: Windows8.0 + InDesignCS6

1.フレームグリッドを1つだけ作る。サイズやフォントなど、できるだけ変更がないようにきちんと作る。

2.ワードなどの原稿を、全選択して、貼り付け。または、ファイル−配置。

3.フレームグリッドのアウトポートに+マークがつくので、それをクリックする。
インデザインのフレームグリッド


4.テキストの続きを流し込むモードになる。そこでShiftキーを押しながら、同じスタイルで続けたい位置(上図だと、右ページの版面左上の隅っこ)にカーソルを置いて、クリック。

これで、タタタターッと同じフレームグリッドが左右に出来ていきます。楽チン。

タグ:InDesign
posted by labohan at 16:25 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。