当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年01月29日

さくらのレンタルサーバーで他社管理のドメインを設定したメールを送ると迷惑メール扱いになった

さくらインターネットのレンタルサーバ「ライトコース」を契約し、スタードメインで取得・管理している独自ドメインを設定。
ウェブサイトは、独自ドメインですぐ見れるようになりましたが、メールに問題が…

独自ドメインのメールアドレスを作成して送信テストをすると、迷惑メールに扱われてしまいます。
異なるアドレスに送信してみても、同じく迷惑メールフォルダに入りました。

IPアドレスがブラックリストに載ってないかチェック



そこで行ったのが、さくらのサーバーのIPアドレスがブラックリストに載っていないかのチェック。
下記ページを参考にさせてもらいました。
あめたま さんの Lave 2 LABO.COMブログ: http://www.love2labo.com/meiwakumail

結果、載っていませんでした。

SPFレコードとIPv6アドレスの設定



いろいろ調べて、やはりSPFレコードの利用とIPv6アドレスがキーかなと思いましたが、
最初にそのように感じたため、チェック済みです。
ここでふと思い至ったのが、メールアドレス設定直後にテストした1通は、
迷惑メールにならなかったこと。

もしかしたら、spfレコードとIPv6アドレスの設定操作をした後、何らかの反映がなされるより前のタイミングだったために、うまく届いたのではないか…
と思い、両方チェックを外してみました。

すると、少なくともウェブメールからの送信は、迷惑メールにならずに到着するようになりました。


結果からいうと、他社管理の独自ドメインをさくらのレンタルサーバーに使用するときは、spfレコードとIPv6アドレスの利用にはチェックを入れないほうが良いみたいです。
チェックを入れると、本来のドメイン管理の情報と食い違う情報が流れる…といったことが起こるのかもしれません。

ただし、IPAのサイトにある、SPFレコードの設定がうまくいっているかのテストでは、チェックを入れているときのテストで「SPF = pass」でしたので、何が良いのかは何とも言えません。

IPAサイトのSPFレコードテストに関するページ:
http://www.ipa.go.jp/security/topics/20120523_spf.html

このままではGoogleへのメール送信時にはじかれるようにも思えるので、対策は今後の課題です。


posted by labohan at 12:07 | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。