当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年08月22日

天野喜孝展、鑑賞

150822a.jpg


兵庫県立美術館で開催中の、「想像を超えた世界 天野喜孝展」に行きました。

最初の職場と思われる、アニメ制作会社のタツノコプロに入られたのが1967年。1952年生まれというから、逆算すると15歳でこのお仕事を始められたということですね。すごい、としか言いようがありません。

一番好きなのは、ファイナルファンタジーのパッケージイラストのような、明らかに空想の世界でありながらその世界の広がりが感じられる、精細な異界の絵でした。
「この絵が好き」というよりも、「この世界に惹かれる」感じの。

タイムボカンシリーズのキャラのシルクスクリーンとかも、おしゃれで素敵でした。こちらは異界を感じるのではなくて、壁に飾るとセンスいいスペースになりそうな感じ。

最後の展示室だけ、写真撮影OKだったので、いちばん大きな作品を下に貼っておきます。
冒頭のも、同じ展示室のやつです。写真でもわかるように、ポップで色きれいでした。
2015年8月30日まで開催。

150822b.jpg

posted by labohan at 15:33 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。