当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年02月28日

自分でやる確定申告作業まとめ 私の場合は国税庁サイトのKS-E10003エラーが一番ネックでした

初回投稿2014.3.1 修正2014.2.28

確定申告書類を作成。
年に1回の作業なので、何度もやっていながら、毎年「どうやったかなあ〜」と手間取る。
そこで、手順をまとめてみました。

あ、ブログを訪れてくれた方のために、先に前提条件を書いておきます。

青色申告の個人事業主です。
税理士さんに頼まず、経理も決算も申告も自分でやっています。
E-TAXもやろうとしたことがありますが、ソフトの導入やカードリーダーが必要で、これが結構重くて当時のパソコンがハングアップしたため嫌気がさしました。
税務署が近所なので、書類作成は国税庁サイトで行なって、税務署に書面提出することにしています。

大まかなスケジュール


12月頃〜 :
保険料控除証明書が届き始めるので、ひとつの袋にためておく。
1月に届く源泉徴収票も同様。

1月 :
12月決算をしたあと、お正月休みの間に未払い金や固定資産の計算をして年次決算をしておく。
ここまではさっさとしておかないと、元入れ金が決まらず1月からの経理がスタートできないので。

2月 :
改めて確定申告の準備をする。
(1月だと、源泉徴収票などが全部届いていないかもしれないので、2月にする)

2月16日から3月15日まで :
税務署に提出。

書類作成作業の前に用意するもの


  • 前回の確定申告書類(提出した書類は当然こちらにはないので、「控え」ってやつ)

  • 1月に作った決算書類

  • あちこちから届いた支払調書

  • あちこちから届いた保険料控除証明書

  • 税控除のある寄付領収書や、医療費が高かった場合は医療費領収書など、控除のためのその他証拠書類


確定申告書類の作成手順


1)
国税庁の「確定申告書等作成コーナー」ページを開く。

2)
「過去のデータを使って作成」する。まず、青色申告決算書(緑のインクの用紙のやつ)。
前回の青色申告決算書と、前回の会社としての年次決算書の数字を比較して、どこに何を入れるのか思い出しながら、入れるが・・・

3)
私にはネックだったのが、「減価償却資産の内訳」。
最初に資産一覧で表示されるのは前回の数値だけなので、肝心の「本年の減価償却費」と「未償却残高」を入れなくちゃ・・・と思うのですが、「修正」ボタンを押してもそれは入れられません。実は、これらは全部の資産を入れたあと「入力完了」して初めて自動計算されて、再表示されます。

「一括償却資産」なんかは、修正事項がないので「修正」不要ということになります。と思っちゃいますが、一旦「修正」ボタンを押して、一応「フン、フン」って眺めて、「入力終了」ボタンを押す。
すると、「本年の減価償却費」と「未償却残高」(資産として残って、来年またそこから1年分の価値が減る)が自動計算されます。

さらに、ここで重要注意!

「定額法」で入れている資産も「修正」ボタンを押すのですが、償却済みで「残高1円」にしている資産は修正事項が無いと思いそうになります。しかし、この場合も修正画面の「本年中の償却期間」に「0」月を入れなければなりません。
でないと、全て終えて「入力終了」しても、

KS-E10003(内容の確認が終了していない云々)

というエラーが出て、終われません。
どこが問題なのか教えてくれないので、探すのにすごく試行錯誤して、過去ひどい目に合いました。

それから、新たに買った資産は、「新規追加」します。
「新規追加」の際は、条件が合えば「一括償却資産」にすると、楽。
月割り計算もないため、取得年月とか耐用年数とかはグレーの非入力欄になるので、取得価額など入力できる箇所だけ入れれば済むのです。
「適用」は、それがどんなブツだったか自分でわかるように書く。「ノートパソコン」とかソフト名とか。8文字以内なので、工夫要。

これを入れる時点で、私の場合はすでに1月初めの年次決算の時に減価償却資産の計算を自分で済ませているので、もしもここでの入力計算結果が違ったら面倒なのだけれど、幸い毎回一致しています。

4)
「地代家賃」は、通常は家賃だけなので、「本年中の賃借料・権利金等」の「賃」のところに年間の家賃金額を書く。右側の「算入額」は、私の場合は事務所専用なので全額を書く。

5)
滞りなく「入力終了」できたら、これで青色申告決算書が出来上がったので、先に進んでいってそのまま「貸借対照表」を作成する。やけに慎重に確認してくるが、1月に済ませた決算数値を転記するだけなので、断固としてここで作成する。

6)
貸借対照表に入力。期首は前年数値を引き継いでくれているので、期末だけ手元書類から転記。

7)
画面が変わり、住所・氏名等を入力。
毎年、「整理番号」の項目に悩んでいる気がする。そして毎年、入れずに済ませている気がする。
ここはエラーにならないので、それでいいんだと思う。

8)
先に進んで、印刷。両面印刷してはいけないみたいで、赤字で「片面印刷」って注意があります。
控え用も印刷されるので、2セット印刷する必要はありません。
印刷後の画面で、決算書・収支内訳書の添付書類など聞かれるが、私の場合は通常特にないので、そのまま終了。
プリントアウトした青色申告決算書を提出用と控え用に分けて、それぞれホッチキスでパチン。
決算書は、これで終わり。続いて、確定申告書づくり。

9)
今年から入力様式がだいぶ変わったみたいです。
最初の「収入金額・所得金額入力」ページの事業所得で、源泉徴収関係も入れることになります。

10)
その他も入力して、プリントアウト。「作成コーナー」から去る前に、来年のために必ず「データ保存」する。

11)
プリントアウトされた書類の中の「チェックシート」のリストに合わせて書類を並べて、保険料控除証明書などを、これもプリントアウトされた「台紙」にペタペタ貼る。
提出書類と控え書類と分けて、クリップでとめる。

12)
もう一度1枚ずつめくって、「印」っていうところにハンコを押す。

13)
税務署に持って行く。
「控え」も一緒に出すと、「控え」だけ押印して返してもらえるので、来年のために取っておく。
終わり〜

posted by labohan at 13:18 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

NPO法人会計の本、発刊につき打ち上げ

持ち寄られた原稿から出発して1年余り。編集制作させていただいた本が、昨年末に無事発行となりました。

150202.png

関西NPO会計税務研究会編「わかる!できる!NPO法人会計」
発行:大阪ボランティア協会 定価:本体2600円+税

詳細・ご注文はこちら(大阪ボランティア協会にリンク)


さて、その打ち上げが先日ありました。
分担執筆された税理士の先生方が大集合。編集中はなかなか聞けなかった、税務の余談・雑談をたくさん伺えました。

著者のおひとり田野卓也税理士は、「お菓子作りが趣味」と発覚。「編集のお礼に」と、なんと手作りのパウンドケーキを頂戴しました。
150130.jpg

こちらがお礼する立場なのに恐縮しきりですが、本当に嬉しいプレゼントでした。(すごい美味しかったです。きっと、お仕事同様に、きっちりと手を抜かずに作っておられるのだろうなあ…と想像。)

打ち上げにお招きくださった皆さんのお気持ちにも、感謝感激の夕べでした。


タグ:書籍 出版
posted by labohan at 16:53 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

大阪の禁煙カフェで仕事しやすいところ

移動途中に仕事するときは、禁煙カフェが便利ですね。
書籍や記念誌の原稿点検のような、ボリューム大で長時間の集中力が要る仕事の時も、気分転換的に行きます。好きな仕事ではあるけど、きつくもあるので事務所だとつい他のことを優先したくなるので。(弱いなあ。)
1つの仕事道具だけ持って行くと、他にすることがないので必然的にやれるのが、いい点。

メールやネットは外ではスマホで済ませる程度しかしないので、私の場合は無線LANや電源は絶対条件ではありません。
雰囲気はわりと重要で、ご近所さんや学生さんがおしゃべりしているカフェよりは、周りのお客さんも一人で仕事や勉強をしているカフェが、やっぱり没頭しやすいです。

で、仕事しやすいと思うノマド向きカフェの、覚え書きリストです。禁煙重視なので、どうしてもチェーン店中心になりますが。順次追加していこうと思います。(初回アップ14.2.21. 以後更新の都度、更新日で公開しています。更新は、主に追加なので、古い情報が残っている可能性はあります)

梅田


大阪駅近:デリカフェ JR大阪駅御堂筋口改札の正面
大阪駅にはデリカフェが何店かあるので、待ち合わせ時は紛らわしい。
ここはデリカフェの中で何となく一番好き。

大阪駅近:スターバックスグランフロント大阪店 グランフロント大阪南館6F
前に行ったときは食事系メニューは無かった。
休日の午後は座れたためしがない。
スタバ内ではないが、同じ階にあるトイレが素敵で、トイレの手前のソファコーナーが素晴らしい。

大阪駅近:タリーズコーヒーグランフロント大阪北館1F店 グランフロント大阪北館1F
図書室みたいな席が好き。もうちょっと明るいとベスト。22時まで営業。

大阪駅近:カフェLab. グランフロント大阪北館1F
電源有。独り席多し。天井高く広々、明るい。軽食もあります。
大変快適ですが、「長時間の勉強・仕事はしないでね」の張り紙有。
自粛しつつ、長く愛用させていただきたいカフェです。

*グランフロントは北館へ、の記事を@uma_blueさんが書かれています。生息域が近そうな方です。
「ここが知れ渡って席の確保が困難になるのは避けたい」と書かれていますが、苦情がくるまで紹介しておきますね。
極上の人生 http://kawairi.jp/weblog/vita/201305198451


大阪駅近:カフェラ 大丸梅田店4F
仕事歓迎ではないと思うけど、禁煙で席もゆったりです。明るくて女性向。男性もいないことはない。
1250円と1650円のカフェ夕飯があり、デザート・コーヒーも付いてお得。
量は、多すぎず女性には安心できる量。男性には足りないかもしれない。

茶屋町:タリーズコーヒー梅田茶屋町MBS店 毎日放送本社ビル1F
広い。天井が高い。近くのスタバはまず座れないことが多く、こちらのほうが席がある率高し。

西梅田:スターバックス大阪ガーデンシティ店 明治安田生命大阪ビル1F

新梅田シティ:ドトールコーヒー梅田シティ店 梅田スカイビルの地下の滝見小路内
そんなに広くないけど休日に座れる可能性大。照明が明るいのは嬉しい。

新大阪


ドトールコーヒー新大阪店 JR新大阪駅出てすぐ

スターバックス新大阪ニッセイビル店 新大阪駅2F地下鉄側のデッキからニッセイ新大阪ビル1F
広い。天井が高い。

その他大阪市内


天満橋:スターバックス谷町筋NSビル店 NSビル1F

北摂


阪急池田:スターバックス阪急池田駅店 池田駅改札を出て右手
座席配置が2人掛けタテ並びの席が、集中できる。

JR吹田:ル・クロワッサンショップ 吹田店 JR吹田東口を出てメロード吹田1F
単独メニューのサラダは、新鮮でボリューム大。メニューに載っていないかも。聞くとありました。

改札を出ないで入れる


阪急十三駅構内:フレッズ十三店 阪急十三駅2F連絡通路途中

JR鶴橋駅構内:ロッテリアJR鶴橋駅店 JR鶴橋駅ホーム内
ロッテリアのバーガーはおいしいなあ。ポテトもかなり好き。

(大阪じゃないけど)
JR京都駅構内:デリカフェ京都駅店 JR京都駅奈良線に下りる階段の上
場所的に混んでそうだが、意外にゆっくり座れることも。軽食あり。分煙だが喫煙席の煙が禁煙席に流れてくることもあるのが残念。
以前は「ココラ」という店名だったが、「デリカフェ」に変わっていた。デリカフェはJR系列なんでしょうね。デリカフェはコーヒー・軽食などすごくおいしいわけではないし、カフェ選びの楽しみもなくなるので、JR構内をデリカフェばかりが席巻しないことを祈る。


タグ:ノマド
posted by labohan at 09:53 | 編集事務所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。