当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年06月30日

マウスの使い過ぎで人差し指が痛い

ずっと前にキーボードの打ちすぎで腱鞘炎になったことがありますが、今はマウスの使い過ぎで、クリックするときに使う人差し指の付け根か第一関節か第二関節あたりが痛くなることがあります。

整形外科とかで治すのかなとも思いますが、面倒だし、それほどひどくもないので、緊急避難的に左手クリックを混ぜるようにしてみました。

ちなみに、腱鞘炎で痛みが強いときはすぐ整形外科に行くのが良いです。薬とかでは長引くばかりなので、痛いけど注射してもらうのがお勧めです。

マウスを左手クリック仕様にする方法(ウインドウズ8の場合)


1)マウスを画面の右側に寄せて、「設定」を選択。

2)上部に「コントロールパネル」が出てくるので、選択して表示。

3)「マウス」画面を表示。
「ボタンの構成」の、「主と副のボタンを切り替え」にチェックを入れる。
150630.JPG


入れた瞬間から左手クリック仕様になる・・・つまり右クリックボタンが通常のクリックとなるので、ここからはマウスを左手に持ち替えて操作することになる。この画面の「OK」も、右側のクリックボタンを押さなければならない。


普段から時々これにして左手クリックにも慣れておけば、いざというときに困らないと思います!



posted by labohan at 14:13 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

アドビフラッシュプレーヤーを更新(アップデート)する時の、マカフィーのオプションに注意

ネットにつながっているときに、アドビフラッシュプレーヤーというプログラムの更新のおすすめが、表示されることがあります。

アドビフラッシュプレーヤーは、ウェブサイトを見る時に必要だったり、この間は電子ブック風の仕様でもお世話になったプログラムです。
使用頻度は高いので、更新はもちろんするのですが、そのときに、マカフィーのセキュリティ関係のプログラムをおまけでインストールしたがってくるので注意が必要です。

「更新する」をクリックすると、アドビのサイトにつながって、下の画面が表示されます。

150529.jpg


この画面の真ん中に「オプションのプログラム」というのがあって、「マカフィセキュリティスキャン・・・をインストールする」というところのチェックボックスに、最初からチェックが入っています。

「使用中のセキュリティソフトやパソコンの設定は変更されない」ことが書いてあり、それはそうなんでしょう。でもマカフィ自体は動作しますので、マカフィが何か表示したり、問うてきたりということがあるはずです。その対応が面倒なので、私は画面の赤で囲んだところのチェックをはずしています。
セキュリティソフトは複数入れない方がいい、ということもあります。十分なセキュリティがなされていないなど、パソコンやネットワーク環境によほど不安があるようなケース以外は、このインストールは必要ないと思います。

あまり読まずに「アップデート」をクリックすると、マカフィーのプログラムがインストールされてしまうので、ご注意を。



posted by labohan at 09:57 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

パソコンで作成した2段組みの誌面をDVDにコピーしてテレビで見れるか

「A4などで作成した誌面をデジタルブックで見れるようにして、プラス、パソコンが使えない人のために、DVDにコピーしてテレビでも見られるようにできないか?」というご相談を受けました。

デジタルブックは問題ありませんが、想定しているデジタルブックはFlashで動くものですので、テレビで見るのは不可能です。
だから、2種類作るのでなければ、テレビでの投影を優先するため、誌面の画像をスライドショーにするしかないかな・・・でもそんなものって有用かな・・・と悩むと同時に、そもそも紙だからこそ精細に見られるコンテンツを、DVD化してテレビで投影するとどう見えるのかが、全く分かりません。通常のテレビ番組を思い浮かべても、小さい文字がたくさん並んだ画像は、思い浮かびません。映像系の方に教えを乞うと、「文書を読むという用途にテレビを使うのは、難しいでしょう」。(ポイント数を変えた文字を並べて、どのサイズの文字がどう見えるかのサンプルまで作って下さいました。感謝。)

それにしても一体どんな感じになるのか・・・個人的にも興味があったので、2段組みの誌面をDVDにコピーしてテレビに映す、という実験をやってみようと思いました。

テレビで見られるDVDの作成


まず、DVDプレーヤーで読み取ってテレビに映せるDVDは、どのように作るのか。
ここから映像未経験者には全く分からなったのですが、映像系の方やDVDプレス会社さんで聞いたことと、ネット検索で得た情報から推測するに、大体以下のようです。
  • DVDプレーヤーで読み取ってテレビに映すためには、「VIDEO_TS」というファイル形式が必要。(それさえあればいい、というわけでもなさそうですが)
  • そのようなファイル形式で保存されたDVDを作るには、そのようなことが可能なソフトを使ってDVDにコピーすればできる。
  • そのようなソフトとしては、Windows7・WindowsVistaなら、「WindowsDVDメーカー」というソフトが標準で付属している。(Win8の場合はフリーソフトがあるらしい)

WindowsVistaなら旧マシンに入っているので、やってみることにしました。Vistaマシン以外に用意したものは、2段組み誌面のJPG画像 と、手元にあった データ用DVD-RAM です。

久しぶりのVistaで、プログラムはどうやって開くんだったかなーと思い出しながら、あっさり「WindowsDVDメーカー」発見。(初めて開いたので初期画面が出ました)

141208.jpg


JPGを作成画面にドラッグして、案内通りに操作すると、ごく簡単な手順でできました。

JPG化した文字をDVDプレーヤーでテレビに投影するDVDに入れると、ボケる


結果。
2段組みにするような文字情報の多い誌面は、JPGデータをDVDにしてテレビで見るには堪えません。
というか、DVDにした時点で、ボケた読めない文字になりました。

JPGをそのまま開いたときの画面キャプチャ↓

141209a.JPG

*文字サイズ13級。文章は、このブログの過去記事です。紙面の真ん中を切り取っているので、文章は中途半端です。


それでDVDを作成してパソコンのDVD視聴ソフトで開いたときの画面キャプチャ↓

141209b.JPG


予想をはるかに上回ってボケたのは、WindowsDVDメーカーという付属ソフトで作ったからなのかもしれません。もしくは、JPGから作るという工程がベストでなかったか。だって、放映されているテレビ番組やCMで見る文字は、もうちょっと鮮明ですよね。なので、まず言えるのは、誌面のJPGデータをWindowsDVDメーカーでDVDプレーヤー対応のスライドショーデータにすると、今のところ実用に耐えない・・・ということまでです。

激しくボケる仕組みも説明できませんし、よりマシな方法で作ればどの程度まで実用に耐えるのかなども今後分かれば、また追記したいと思います。


参考にさせていただいたページ:
今日からはじめるWindows8.1(簡単にWindows8.1でDVD作成するその2無料ソフトでDVDに書き込み編)



posted by labohan at 11:44 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。