当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2013年10月11日

リンク先が新しいウィンドウに表示されるようにするかどうか

ウェブサイトのページでリンク先をクリックした時に、新しいウィンドウが開いて表示されたり、同じウィンドウの中でも別のタブが右側に追加されて表示されるような動きは、よく目にしますね。

この動作を強制的に行うには、ページでリンク設定を記述する際に、
a href="(リンク先)" のあとに target="_blank" を付けることで可能になるのですが、
これを 「するべきではない」 あるいは 「薦められない」 という議論があります。

その主な理由は、

「ページを見ている人が意図しないのに新たなウィンドウ(やタブ)が勝手に開くようにするのは、よくない。リンク先を、現在のウィンドウに表示させるか、新たなウィンドウに表示させるかは、ページを見ている人が決めることである。その選択は、主なブラウザでは右クリックなどでできるようになっている。」

ということのようです。

参考:
猫式WEBメモ http://d.hatena.ne.jp/nekoshiki/20040126#p1
MITSUE-LINKS http://standards.mitsue.co.jp/archives/001277.html
kuruman.org http://kuruman.org/dateki/target

私が手元の参考書にしている「詳解 HTML&XHTML&CSS辞典 第5版」(大藤幹著、秀和システム発行、2011)でも、

「ユーザーの意思とは無関係に、常に新しいウィンドウ(タブ)に表示されてしまいます」(p154)

と否定的な書き方がなされていて、あまり薦められない論調になっています。

しかし現実には、見ているサイトと別のサイトにリンクする時や、PDFファイルを表示する時などは特にですが、新しいウィンドウが開くことを予測している人も、少なくないと思います。その場合は、リンク元のページが目の前から消え去ってしまってかえってとまどったり、リンク先ページから元のページに戻ろうとしてうっかりブラウザを閉じてしまうこともあるのではないでしょうか。
その一方でたとえば、「戻る」ボタンだけを主に使う方にとっては、新たに開いたページからは戻れなくなってしまい、やはりとまどうことになります。また、常に同一ウィンドウに表示させるようにしたい人にとっては、強制的に自分の習慣を変えられることになってしまいます。

新ウィンドウ表示の否定論の背景には、1998年から2000年頃にできたページ記述言語バージョンやタイプによっては、この設定が「非推奨」であったり「廃止」となったことがあると思われます。(非推奨・廃止の理由もおおむね上記の否定理由のようなので、「卵が先か鶏が先か」ではありますが)
が、2008年にできたバージョンでは使えることになっていて、必ずしも衰退の潮流ともいえません。かといって、別サイトやPDFファイルを新ウィンドウで表示すること自体が、積極的に推奨されているとも思えません。

参考:
WebPark http://weboook.blog22.fc2.com/blog-entry-258.html

あいまいな書き方で申し訳ありませんが、結局、上記のような議論を踏まえたうえで、そのサイトを訪れる人にとっての操作性を想像して、サイト運営者が判断することなのかなと思います。

ちなみに私自身は、パソコンのブラウザを想定する限りは、今のところは先にも書いた「別サイトへのリンク」と「PDFファイルやワードファイルなどの表示」についてのみ、新ウィンドウが開く設定をするのがベターであるように感じています。


posted by labohan at 12:03 | ウェブサイト(ホームページ)の作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。