当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2014年02月20日

女性誌「STORY」ライター募集に思う、企画・ライティングと編集の専門性

40代女性をターゲットにした女性誌「STORY」が、誌面上でライターを募集していました。
(注:締め切りはすでに過ぎています。)

志望理由400字と、企画3本の提出はもっともとして、
「経験の有無は問わず」。
また、顔がはっきり分かる写真と、一番好きなファッションで撮影した全身写真1枚を添えること。

そうかー、経験よりも顔なのかー、と一瞬驚き、ある意味感心。

でも振り返ると、商業誌とは規模やレベルが全く違いますが、会報や広報誌などは一般の方が書かれることは多いです。それらの経験からは、編集がしっかりしていれば、ライティングのほうはかなり幅広い人が担えるなあと、確かに思います。
企画や記事によっては、むしろ器用にまとめるスキルよりも、オリジナルの経験や視点などがしっかりあることのほうがプラスになることも多いでしょう。

ただ、その場合は編集が最後の砦のような役割をかなり果たさなければなりません。元の原稿が誌面として外に出ていくに足るものにするフィルターを、しっかりかけていく必要があります。

編集が高い専門性を持ち高機能であるなら、ライティングは幅広くユニークなものを受け入れられるし、高度な編集を確保できないなら、ライティングはそのまま出せるレベルの書き手が必要、ということだと思います。

posted by labohan at 12:57 | 原稿執筆、原稿整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。