当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年06月18日

西暦を使うか、元号を使うか。決める時の注意や併記の書き方例など

年号を書くときに、「西暦を使うのか、昭和平成などの元号を使うのか?」に迷うことがありますね。編集の立場だと、執筆者からこれらが入り混じって入稿することもあり、もっと悩むかもしれません。
「西暦」「元号」の呼称も厳密には議論がありそうですが、ここではとりあえず、「2014年」みたいなのを「西暦」、「昭和」「平成」みたいなのを「元号」と呼ぶことにします。

絶対的な決まりはないが、一つの発行物の中では統一する


お役所や金融機関などでは元号が標準的に用いられますが、民間で発行物をつくるときには、特に決まりはありません。ただし、ひとつの発行物の中では、統一したルールを持つべきです。

ルールは、掲載する情報や、関係者の意向、読み手にとってどちらがよいか、などを総合的に判断して決めます。選択肢としては、次のようなものがあります。

1)西暦のみ  例)2015年
2)元号のみ  例)平成27年
3)西暦優先で併記  例)2015年(平成27年) 2015(平成27)年
4)元号優先で併記  例)平成27年(2015年) 平成27(2015)年

これらのバリエーションとして、平成を「H」としたり、年月日を「.」でつなぐなどの表記もあります。また、3)4)は、最初は併記して、一定の範囲で2回目に出てくるときは優先年号のみを書くやり方もあります。西暦は、これも一定のルールのもとになりますが、2回目から下2桁だけを使うやり方もあります。
それから、本文ではきちんとした表記にして、図表で年号を扱う場合は簡易な表記にするなど、本文と図表で使い分けるようなパターンもあります。

重要な点として、西暦はキリスト教を背景としたものであり、元号は神道や天皇制が背景にある、ということがあります。卒業証書に書かれる年号について裁判が起こされた例もありますから、例えば「西暦のほうが数字がずっと連続するから分かりやすい」などの効率面だけで安易に決めつけるわけにはいかないことに注意しましょう。

原稿をもらった後で統一ルールを決めて編集サイドで書き換えるときは、執筆者にルールを知らせる


こうした表記ルールは、その他の書き方のお願いも合わせて執筆要項という文書にまとめ、本来は執筆を依頼する段階で、執筆者全員に渡します。(執筆要項についても、いずれまとめたいと思っています)

しかし、小規模の発行物だと、あらかじめ執筆要項をまとめるのが難しかったり、そもそも執筆要項というものが要ることも知られていなかったりするかもしれません。原稿が集まってみて、「あれ!?」ということもあるでしょう。

その場合は、入稿後に編集サイドや発行者サイドで表記ルールを決めることになります。そして、そのルールに従って、必要な書き換えを行います。
編集といえども執筆者の了解なく書き換えることは許されませんので、校了よりも前の段階で、「こんな表記ルールで統一しています」ということを、各執筆者には知らせるようにします。西暦・元号の使い分けは、先述したように個人的な信条や考えに関わることもありますから、特に注意が必要です。


タグ:年号 表記
posted by labohan at 12:23 | 原稿執筆、原稿整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。