当ブログはhttp://labohan.com/blog/に移転しました。
自動転送されない場合は、URLをクリックしてください。

2015年05月22日

ワードやエクセル上で扱われるEMZファイルを開くには

写真やイラストは、オリジナルのファイルを入稿していただくようお願いしていますが、それでもワードファイルに貼り付けたものが入稿されることは、よくあります。
そのままではレイアウトできないので、一旦ワードで開いて、htmlファイルで再保存し、生成された画像フォルダから必要な画像を拾い出すというやり方を、私はしています。

(ワード2007以降のdocxファイルは、写真データを軽量化していることがあるのでどうやっても高解像度の写真データが取り出せないという問題はあるのですが……それはまた別の機会に。)

今回、そうやってワードファイルから展開した画像ファイルが、EMZというファイルになっていました。


EMZファイルを直接開くソフトは無さそうです


EMZファイルは画像ファイルの一種で、ワードやエクセルなどマイクロソフトオフィス系のソフトで挿入できる画像形式です。
EMZファイルを直接画像ファイルとして開くソフトは、私は見つけることができませんでした。

それでEMZファイルについて調べていると、マイクロソフト系の「拡張メタファイル」であるという説明がありました。
そこで、拡張メタファイルをマイクロソフトのサポートページで調べると、拡張メタファイルは「EMFファイル」として説明されています。

このEMFファイルは、ベクター情報とビットマップ情報の両方を含めることができるファイル形式だそうです。ベクター情報とビットマップ情報は、知らない人には取っ付きにくいと思いますが、とりあえずいろいろな画像を扱える形式ですよ、くらいに捉えておいてください。

そして、EMFファイルについてさらに調べると、EMZファイルはEMFファイルを圧縮したファイルだということが分かりました。確かに、それっぽい名前ですよね。


それらの情報から、EMZファイルについて推測すると


ワードやエクセルで画像を「形式を選択して貼り付け」る際に、「拡張メタファイル」という選択肢があります。これを選ぶと、おそらくEMFファイル形式で、ワードやエクセルが画像データを内包することになっているんでしょう。
その際、ワードやエクセルのファイルをできるだけ軽量化するために、EMFファイルを圧縮してお持たせすることにしたのが、EMZファイルなんだと思われます。多分。


EMZファイルを圧縮前のEMFファイルにすれば、DTPで扱える


さて、話を戻して、そのようなEMZファイルがワードから出てきたわけですが、そのままではDTPで使えません。

上記のとおり、EMZファイルはEMFファイルを圧縮したもののようですので、EMZファイルを「解凍」(展開)してみようと考えました。

まず、ダイレクトに「emz」拡張子を「zip」に書きかえましたが、zipでは解凍できませんでした。
別の解凍ソフトでうまくいったという記事も見つけましたが、インストールが面倒だったので、次の試みとして、ワードファイルを直接解凍してみることにしました。
ワードファイルは、ワード2007以降のdocxファイルであれば、圧縮形式でファイルが構成されているらしいので。

元のワードファイルは、ワード2007より前の「doc」ファイルだったので、まず、「docx」ファイルに保存しなおしました。

次に、拡張子「docx」を、「zip」に書きかえます。

これを解凍すると、良かった、ちゃんと展開できました。

150522.JPG


この中の、wordフォルダを開きます。
さらにその中の、mediaフォルダを開きます。

すると、結構大きなサイズで、EMFファイルができています。

EMFファイルは、フォトショップでは扱えませんが、イラストレーターでは開くことができます。
なので、写真の場合は、イラストレーターで一旦開いて、aiファイルに保存して、それをフォトショップで開くというやり方で、まあまあの品質のデータで扱うことが可能になりました。

うーん、面倒だなあ。
やっぱり、最初からjpgデータをいただきたいものですねえ。


posted by labohan at 10:46 | 写真、イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*引用は、著作権法で認められている範囲・方法に従ってください。転載や広範囲のコピペは、あらかじめご相談ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。